薬剤師の仕事内容

薬剤師はどんな仕事?

 

医薬品に関するスペシャリストとも称されるのが薬剤師です。仕事内容を一言でいうならば、人々の病気や怪我を治すために必要な薬を調合したり、研究したりすることです。また、薬に関する指導を行うのも薬剤師の仕事です。
細かな仕事内容は、属する職場によって異なります。例えば調剤薬局なら、医師が出した処方箋をもとに薬の調合を行います。

 

同時に、医師が指示する薬が、その患者さんにとって問題がないかどうかを確認するのも薬剤師の仕事であり、責任です。病院ならば、注射液や天敵の輸液から内服までの様々な薬の管理を行い、各患者さんに合わせたものを用意するのが薬剤師です。製薬会社や健康食品、サプリメントの製造会社、研究所などでも、薬剤師は活躍をすることが出来ます。最近では、法改正によりドラッグストアでも薬剤師の常駐が必要となったため、活躍の場が広がっています。

 

もしもいい加減な分量で薬を配合すれば、薬の副作用で患者さんの命を奪ってしまうこともあるため、責任感が強く、几帳面で細かな作業を得意とする人が薬剤師に向いているでしょう。

 

薬剤師の離職率は高いのでしょうか。実際、薬剤師の離職率は高く、特に若い薬剤師の離職率が高くなっています。せっかく採用した薬剤師がすぐに辞めてしまうことが多いので、頭を抱える調剤薬局や企業は少なくありません。
一人の薬剤師を採用するにはかなりのコストが掛かり、かなりの額の手数料がかかります。多くのコストを掛けたにも関わらず、採用後すぐに辞められてしまうと、経営上大きな損失を被ります。

 

そうした事態が続くと、経営を続けていくこと自体困難になります。薬剤師の離職率が高いと、お金や手間等のコストだけではなく、すぐに後任の薬剤師を採用しなければならないリスクもあります。多くの職場では、すぐに後任を採用できず、しわ寄せが他の薬剤師を苦しめています。

 

そうなると、残っている薬剤師に精神的な負担がかかり、転職を考えるようになる悪循環ができてしまいます。薬剤師の離職率が高くなると、そこで働く薬剤師にとっても、職場環境に大きな影響を及ぼすことになります。薬剤師の離職率は、職場によって変動しますが、中でも病院は、離職率が高いです。病院は薄給で、激務であることが多いからです。

 

薬剤師という仕事はどんな仕事?

続きを読む≫ 2015/07/10 17:50:10